ほのか亭日記

アクセスカウンタ

zoom RSS DiskSuiteでマルチテラバイト

<<   作成日時 : 2007/03/18 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Solaris9で1TBを超えるボリュームを作ってみたよ。

しかも、もともと1TB未満で作ったボリュームがあって、それをSolaris9にアップデートすると共にボリューム拡張を行う、という設定で、手順を行ってみたんだ。


というわけで、まずは、元となるボリュームの設定から。

いまのディスクはどうなっているかというと・・・

# format
Searching for disks...done


AVAILABLE DISK SELECTIONS:
0. c0t0d0 <ST328040A cyl 55260 alt 2 hd 16 sec 63>
/pci@1f,0/pci@1,1/ide@3/dad@0,0
1. c4t0d0 <Areca-Volume---VOL#00-R001 cyl 61033 alt 2 hd 60 sec 480>
/pci@1f,0/pci@1/ANTR-2u2wl@1/sd@0,0
2. c4t1d0 <Areca-Volume---VOL#01-R001 cyl 61033 alt 2 hd 40 sec 480>
/pci@1f,0/pci@1/ANTR-2u2wl@1/sd@1,0
3. c4t2d0 <Areca-Volume---VOL#02-R001 cyl 61033 alt 2 hd 40 sec 480>
/pci@1f,0/pci@1/ANTR-2u2wl@1/sd@2,0
Specify disk (enter its number): ^D
#


こんな感じで、3つの約1TB領域がある状態だね。

まずは、元となるファイルシステムを1個目のRAIDに作成。

# newfs /dev/rdsk/c4t0d0s0
newfs: /dev/rdsk/c4t0d0s0 は最後に /mnt としてマウントされています
newfs: 新しいファイルシステム /dev/rdsk/c4t0d0s0 を作成しますか: (y/n)? y
/dev/rdsk/c4t0d0s0: 全セクター数: 1756800000 (シリンダ数: 61000、トラック数: 60、セクター数: 480)
857812.5MB、20334 シリンダグループ (3 c/g, 42.19MB/g, 5056 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
32, 86912, 173792, 260672, 347552, 434432, 521312, 608192, 695072, 781952,
シリンダグループの初期化:
...............................................................................
...............................................................................
...............................................................................
...............................................................................
...............................................................................
...........
スーパーブロックのバックアップの位置 (最後の 10 シリンダグループのため):
1756010912, 1756097792, 1756184672, 1756271552, 1756358432, 1756445312,
1756532192, 1756619072, 1756705952, 1756792832,
#


続いて、そのファイルシステムに適当なデータを放り込む。
とりあえず、c0t0d0s6のデータを丸ごとufsdump/ufsrestoreでね。

# mount /dev/dsk/c4t0d0s0 /mnt
# cd /mnt
# ls
lost+found
# ufsdump 0f - /dev/dsk/c0t0d0s6|ufsrestore rf - .
DUMP: Date of this level 0 dump: 2006年12月04日 (月) 11時35分24秒
DUMP: Date of last level 0 dump: the epoch
DUMP: Dumping /dev/rdsk/c0t0d0s6 (todoroki106.5f.dtc.co.jp:/disk1) to standard output.
DUMP: Mapping (Pass I) [regular files]
DUMP: Mapping (Pass II) [directories]
DUMP: Writing 32 Kilobyte records
DUMP: Estimated 16954778 blocks (8278.70MB).
DUMP: Dumping (Pass III) [directories]
DUMP: Dumping (Pass IV) [regular files]
Warning: ./lost+found: File exists
DUMP: 62.47% done, finished in 0:06
DUMP: 16954750 blocks (8278.69MB) on 1 volume at 8978 KB/sec
DUMP: DUMP IS DONE
#


で、いま、どんなデータが入っているかというと・・・

# ls
232 oracle
NFORCE-Linux-x86_64-1.0-0301-pkg1.run patch
convert restoresymtable
free sdm
iso sdm-1_2-solaris-sparc.sh
java smartmove
lost+found sol10
mozilla test
# df
/ (/dev/dsk/c0t0d0s0 ): 9772220 ブロック 943113 ファイル
/proc (/proc ): 0 ブロック 7844 ファイル
/etc/mnttab (mnttab ): 0 ブロック 0 ファイル
/dev/fd (fd ): 0 ブロック 0 ファイル
/var/run (swap ): 1579376 ブロック 48516 ファイル
/tmp (swap ): 1579376 ブロック 48516 ファイル
/disk2 (/dev/dsk/c0t0d0s7 ): 1338916 ブロック 1176843 ファイル
/cdrom/sol_9_904_lang_sparc(/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc): 0 ブロック 0 ファイル
/mnt (/dev/dsk/c4t0d0s0 ):1713389156 ブロック 102802810 ファイル
#


まずは、DiskSuiteのmetaデータベースの作成

# metadb -a -c 2 c4t0d0s7 c4t1d0s7 c4t2d0s7
metadb: todoroki106.5f.dtc.co.jp: there are no existing databases
#


おっと・・・新規作成時は「-f」が必須だったっけ

# metadb -a -f -c 2 c4t0d0s7 c4t1d0s7 c4t2d0s7
# metadb
フラグ 最初のブロック ブロック数
a u 16 8192 /dev/dsk/c4t0d0s7
a u 8208 8192 /dev/dsk/c4t0d0s7
a u 16 8192 /dev/dsk/c4t1d0s7
a u 8208 8192 /dev/dsk/c4t1d0s7
a u 16 8192 /dev/dsk/c4t2d0s7
a u 8208 8192 /dev/dsk/c4t2d0s7
#


作成完了。
先ほど作ったファイルシステムをumount

# cd /
# umount /mnt


そのボリュームをDiskSuiteデバイス化
/etc/lvm/md.tabの一番最終行に「d0 1 1 c4t0d0s0」を付け加えて、metainitの実行

# vi /etc/lvm/md.tab
d0 1 1 c4t0d0s0
# metainit d0
d0: 連結/ストライプがセットアップされます
#


いよいよマウント

# mount /dev/md/dsk/d0 /mnt
# df -k
ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先
/dev/dsk/c0t0d0s0 8255301 3369191 4803557 42% /
/proc 0 0 0 0% /proc
mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab
fd 0 0 0 0% /dev/fd
swap 788088 40 788048 1% /var/run
swap 788184 136 788048 1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s7 9318476 8649018 576274 94% /disk2
/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc
516032 516032 0 100% /cdrom/sol_9_904_lang_sparc
/dev/md/dsk/d0 865223234 8528656 848042346 1% /mnt
#


ここからが本領。
d0へ約1TBを追加してみよう

# metattach d0 c4t1d0s0
d0: コンポーネントは接続されています
# df -k
ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先
/dev/dsk/c0t0d0s0 8255301 3369191 4803557 42% /
/proc 0 0 0 0% /proc
mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab
fd 0 0 0 0% /dev/fd
swap 788088 40 788048 1% /var/run
swap 788184 136 788048 1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s7 9318476 8649018 576274 94% /disk2
/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc
516032 516032 0 100% /cdrom/sol_9_904_lang_sparc
/dev/md/dsk/d0 865223234 8528656 848042346 1% /mnt
# metastat
d0: Concat/Stripe
サイズ: 2927980800 ブロック (1.4 TB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes
ストライプ 1:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t1d0s0 19200 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
c4t1d0 はい id1,sd@w0004d92609a58810
#


付け加わっているけど、ファイルシステムは大きくなっていない。
これは、growfsを実行していないからということなので、実行してみると・・・

# growfs /dev/md/rdsk/d0
/dev/md/dsk/d0 は /mnt にマウントされています。growfs はできません。
#


マウントしている駄目、と・・・

# umount /mnt
# growfs /dev/md/rdsk/d0
ファイルシステムがマルチテラバイト形式に設定されていません。
そのサイズは 1 テラバイト以上にできません。
#



あ・・・・・・・
無理なんだ・・・


というわけで、設定通りだとアップデートするのは無理みたい・・・(;_;)



まぁ、せっかくなので、1TB未満で作ったボリュームを増量するってことで、再チャレンジ



# newfs -T /dev/md/rdsk/d0
newfs: /dev/md/rdsk/d0 は最後に /mnt としてマウントされています
newfs: 新しいファイルシステム /dev/md/rdsk/d0 を作成しますか: (y/n)? y
/dev/md/rdsk/d0: 全セクター数: 1756800000 (シリンダ数: 61000、トラック数: 60、セクター数: 480)
857812.5MB、1968 シリンダグループ (31 c/g, 435.94MB/g, 448 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
32, 893312, 1786592, 2679872, 3573152, 4466432, 5359712, 6252992, 7146272,
8039552,
シリンダグループの初期化:
.......................................
スーパーブロックのバックアップの位置 (最後の 10 シリンダグループのため):
1748120672, 1749013952, 1749907232, 1750800512, 1751693792, 1752587072,
1753480352, 1754373632, 1755266912, 1756160192,
# mount /dev/md/dsk/d0 /mnt
# cd /mnt
# ls
lost+found
# ufsdump 0f - /dev/rdsk/c0t0d0s6|ufsrestore rf - .
DUMP: Date of this level 0 dump: 2006年12月04日 (月) 13時18分41秒
DUMP: Date of last level 0 dump: the epoch
DUMP: Dumping /dev/rdsk/c0t0d0s6 (todoroki106.5f.dtc.co.jp:/disk1) to standard output.
DUMP: Mapping (Pass I) [regular files]
DUMP: Mapping (Pass II) [directories]
DUMP: Writing 32 Kilobyte records
DUMP: Estimated 16954778 blocks (8278.70MB).
DUMP: Dumping (Pass III) [directories]
DUMP: Dumping (Pass IV) [regular files]
Warning: ./lost+found: File exists
DUMP: 66.07% done, finished in 0:05
DUMP: 16954750 blocks (8278.69MB) on 1 volume at 9370 KB/sec
DUMP: DUMP IS DONE
# ls
232 oracle
NFORCE-Linux-x86_64-1.0-0301-pkg1.run patch
convert restoresymtable
free sdm
iso sdm-1_2-solaris-sparc.sh
java smartmove
lost+found sol10
mozilla test
# df -k
ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先
/dev/dsk/c0t0d0s0 8255301 3369191 4803557 42% /
/proc 0 0 0 0% /proc
mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab
fd 0 0 0 0% /dev/fd
swap 787832 40 787792 1% /var/run
swap 787928 136 787792 1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s7 9318476 8649018 576274 94% /disk2
/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc
516032 516032 0 100% /cdrom/sol_9_904_lang_sparc
/dev/md/dsk/d0 878258256 8560016 860915664 1% /mnt
# metastat
d0: Concat/Stripe
サイズ: 1756800000 ブロック (837 GB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
#


準備完了。
では、増量してみましょう。

# cd /
# umount /mnt
# metattach d0 c4t1d0s0
d0: コンポーネントは接続されています
# metastat d0
d0: Concat/Stripe
サイズ: 2927980800 ブロック (1.4 TB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes
ストライプ 1:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t1d0s0 19200 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
c4t1d0 はい id1,sd@w0004d92609a58810
# growfs /dev/md/rdsk/d0
/dev/md/rdsk/d0: 全セクター数: 2927980800 (シリンダ数: 101666、トラック数: 60、セクター数: 480)
1429678.1MB、3280 シリンダグループ (31 c/g, 435.94MB/g, 448 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
32, 893312, 1786592, 2679872, 3573152, 4466432, 5359712, 6252992, 7146272,
8039552,
シリンダグループの初期化:
.................................................................
スーパーブロックのバックアップの位置 (最後の 10 シリンダグループのため):
2919458912, 2920352192, 2921245472, 2922138752, 2923032032, 2923925312,
2924818592, 2925711872, 2926605152, 2927498432,
# mount /dev/md/dsk/d0 /mnt
# df -k
ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先
/dev/dsk/c0t0d0s0 8255301 3369191 4803557 42% /
/proc 0 0 0 0% /proc
mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab
fd 0 0 0 0% /dev/fd
swap 787840 40 787800 1% /var/run
swap 787936 136 787800 1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s7 9318476 8649018 576274 94% /disk2
/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc
516032 516032 0 100% /cdrom/sol_9_904_lang_sparc
/dev/md/dsk/d0 1463754168 8560016 1440556616 1% /mnt
#


ちゃんと増量されてますね。
では、さらに増量を・・・

# umount /mnt
# metastat
d0: Concat/Stripe
サイズ: 2927980800 ブロック (1.4 TB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes
ストライプ 1:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t1d0s0 19200 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
c4t1d0 はい id1,sd@w0004d92609a58810
# metattach d0 c4t2d0s0
d0: コンポーネントは接続されています
# metastat d0
d0: Concat/Stripe
サイズ: 4099161600 ブロック (1.9 TB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes
ストライプ 1:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t1d0s0 19200 No Yes
ストライプ 2:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t2d0s0 19200 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
c4t1d0 はい id1,sd@w0004d92609a58810
c4t2d0 はい id1,sd@w0004d92609a58820
# growfs /dev/md/rdsk/d0
/dev/md/rdsk/d0: 全セクター数: 4099161600 (シリンダ数: 142332、トラック数: 60、セクター数: 480)
2001543.8MB、4592 シリンダグループ (31 c/g, 435.94MB/g, 448 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
32, 893312, 1786592, 2679872, 3573152, 4466432, 5359712, 6252992, 7146272,
8039552,
シリンダグループの初期化:
...............................................................................
............
スーパーブロックのバックアップの位置 (最後の 10 シリンダグループのため):
4090827872, 4091721152, 4092614432, 4093507712, 4094400992, 4095294272,
4096187552, 4097080832, 4097974112, 4098867392,
# mount /dev/md/dsk/d0 /mnt
# df -k
ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先
/dev/dsk/c0t0d0s0 8255301 3369191 4803557 42% /
/proc 0 0 0 0% /proc
mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab
fd 0 0 0 0% /dev/fd
swap 787776 40 787736 1% /var/run
swap 787872 136 787736 1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s7 9318476 8649018 576274 94% /disk2
/vol/dev/dsk/c0t2d0/sol_9_904_lang_sparc
516032 516032 0 100% /cdrom/sol_9_904_lang_sparc
/dev/md/dsk/d0 2049250088 8560016 2020197576 1% /mnt
# metastat d0
d0: Concat/Stripe
サイズ: 4099161600 ブロック (1.9 TB)
ストライプ 0:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t0d0s0 0 No Yes
ストライプ 1:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t1d0s0 19200 No Yes
ストライプ 2:
デバイス 開始ブロック Dbase Reloc
c4t2d0s0 19200 No Yes

デバイス再配置情報:
デバイス 再配置 デバイスID
c4t0d0 はい id1,sd@w0004d92609a58800
c4t1d0 はい id1,sd@w0004d92609a58810
c4t2d0 はい id1,sd@w0004d92609a58820
#


こんな感じで、newfs時に「-T」さえつけていればアップグレードが可能と・・・


でも・・・実は問題が1つ・・・
inodeの数がね・・・(ごにょごにょ


そういうのを考えると、Solaris10のzfsがいいのかなぁ・・・とか思ったり・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DiskSuiteでマルチテラバイト ほのか亭日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる